【イベントレポート】第4回 山梨らーめんグランプリ in JR甲府駅北口よっちゃばれ広場

山梨らーめんグランプリ

山梨らーめんグランプリとは?

2018年11月23日(金)~25日(日)の3日間にかけて開催された「山梨らーめんグランプリ」。JR甲府駅北口に日本全国から厳選された名店が集い、投票で最強のラーメンを決定するというイベントです。第4回目である今回は、北は札幌・南は久留米から10店舗が集結。

出店リスト

YRG(ポスター)

  • 札幌「麺や虎鉄」
  • 青森「かわら」
  • 福島「麺処若武者」
  • 長野「おおぼし」
  • 東京「ラーメン大山家」
  • 東京「麺屋 宗」
  • 愛知「郭 政良 味仙」
  • 大阪「世界が麺で満ちる時」
  • 岡山「隠岐の島ラーメン」
  • 福岡「拉麺 久留米 本田商店」

山梨らーめんグランプリの会場

「山梨らーめんグランプリ」の会場はJR甲府駅北口よっちゃばれ広場。時刻は午後のピークを過ぎた15時なのに結構な人出です。

YRG(全体)

YRG(全体)

いざ、参戦!

まずは会場で当日券(800円)を購入。1枚で1杯買うことができます。前売り券はちょっとお得な750円。この券を持って、お目当てのラーメン店に並びます。

YRG(券売り場)YRG(チケット)

どこに並ぼうかな〜。どの店も美味しそう。

YRG(行列)

記念館の前ではステージイベントが。MCは「ててて!TV」でお馴染みの、神部冬馬さんといしいそうたろうさん。各店舗の特徴を詳しく説明していました。

YRG(MC)

いざ、実食!

では、順番に紹介していきましょう!

青森「かわら」

一杯目は、青森「かわら」の「味噌カレー牛乳ラーメン」。

トッピングはチャーシューにメンマ、もやし、わかめ、バター。スパイシーなカレーの香りと、まろやかな牛乳がマッチ。バターが溶けるとコクがプラスされ、何とも味わい深いスープです。

太麺で食べごたえがあり、どこか懐かしさを感じる大満足の一杯でした。

YRG(かわら)

愛知「郭 政良 味仙」

二杯目は愛知「郭 政良 味仙」の「元祖 台湾ラーメン」。

はい、出ました。名古屋名物・元祖台湾ラーメン。これを食べにらーめんグランプリに来たと言っても過言ではありません。と言うのも私しゃけ、名古屋で働いていたことがあって味仙によく行っていたんです。

ああ、懐かしいこの香り…相変わらずパンチが効いています。

おっと。懐古モードに浸ってはいけませんね。味仙の特徴は、ガッツリとニンニクを効かせた特製のミンチに丼を真っ赤に染める大量の唐辛子。これにシンプルな鶏ガラスープを合わせると辛さの中にコクと旨味が生まれるのです。

YRG(味仙台湾ラーメン)

麺は中細のストレート麺。これこれ、これです!決してすすってはいけません。高確率でむせます(笑)安全に、ゆっくり味わいましょう。汗が噴き出すのでタオルも持参です。

YRG(味仙)

痛さに耐えながら完食。変わらない味に乾杯!

福岡「拉麺 久留米 本田商店」

続いて三杯目。福岡「拉麺 久留米 本田商店」の「元祖とんこつ『濃厚』久留米ラーメン」です。味玉の半熟具合がとても美味しそうだったので+100円で増量してみました。

トッピングは、チャーシュー、玉子に海苔、あおさ、ねぎ。

YRG(本田商店)

久留米ラーメンの伝統である「呼び戻し」という、開店当初から継ぎ足しながら作るスープ。その名の通りとても濃厚でクリーミー。雑味がなく後味スッキリ。コシ強めの細麺が濃厚スープによく絡みます。とにかくスープが美味しい。追い飯したい…(切実)

YRG(本田商店)

とても幸せな一杯でした。

出店も盛りだくさん

ラーメンだけではなく出店もたくさん。陳建一さんの餃子のお店には結構な行列ができていました。

YRG(出店2)

流行りのチーズドックのお店も。

YRG(出店3)

グルメグランプリ系のレースを総ナメした、大分からあげ「鳥吉」。

YRG(出店)

投票!

当日券についていた投票券に食べたラーメンを5段階評価で丸をつけ、必要事項を記入します。

YRG(投票券)

3店舗分、しっかり投票しました!

YRG(投票)

結果発表

  • 優勝 札幌「麺や虎鉄」札幌味噌らーめん 〜焦がし海老マー油ver.〜
  • 2位 長野「おおぼし」王様中華そば
  • 3位 大阪「世界が麺で満ちる時」名古屋コーチン 黄金醤油ラーメン

札幌「麺や 虎鉄」は北海道内に13店舗ある有名店。山梨らーめんグランプリへは2回目の参加。ダシの素材を甘海老から伊勢海老に変えるなど工夫を重ねて、見事優勝を決めました。おめでとうございます!

まとめ

山梨らーめんグランプリ」は、普段味わうことのできないラーメンを山梨にいながら楽しめる大変貴重なイベントでした。ぜひ来年も開催してください。その際は追い飯の用意をぜひお願いします(笑)