ランチをお探しの方はこちら

【ひな飾りと桃の花まつり】甘草屋敷のお雛様とつるし雛が絢爛すぎた!

立春を迎え、山梨にも徐々に春の便りが届き始めていますね。

甲州市では毎年恒例の春のイベント「ひな飾りと桃の花まつり」が開催されています。

今回は展示会場のひとつ、甘草屋敷のひな飾りを観に行ってきました。

しゃけ
初日に行ってきたよ!

この記事では、ひな飾りと桃の花まつり・甘草屋敷の様子を写真とともにお伝えします。

ひな飾りと桃の花まつりの概要

ひな飾りと桃の花まつり」は、甲州市塩山地区で毎年2月11日から4月18日に行われるイベントです。

江戸時代の享保雛や古今雛をはじめ、御所人形や雛のつるし飾りなどの貴重なひな飾りの数々が展示されています。

主な展示会場

  • 甘草屋敷
  • 恵林寺
  • 宮光園
  • 勝沼ぶどうの丘
  • 旧田中銀行博物館

アクセス・行き方

施設名称 甘草屋敷(かんぞうやしき)
所在地 〒404-0042 甲州市塩山上於曽1651番地
電話番号 0553-33-5910
営業時間 9:00-16:30
開催期間 2/11-4/18
休館日 イベント期間中は無休
利用料金 大人300円 小人200円
団体(20名〜) 大人200円 小人100円
駐車場 無料Pあり(40台)
  • 車:中央自動車道 勝沼ICより約20分(8km)
  • 電車:JR中央本線 塩山駅より徒歩1分

これが甘草屋敷のひな飾りだ!

さっそく、中に入ってみましょう。

入館受付でパンフレットとポストカード・初日限定のお祝いパンをいただきました。

一歩入ると、そこはもう別世界!鮮やかな朱色が目に飛び込んできます。

しゃけ
うわー!綺麗!

様々なひな飾りと、手作りのつるし雛。とても華やかで壮観ですね!

つるし雛とは?

伊豆・稲取地方に江戸時代から伝わる風習。生まれてきた子の無病息災・良縁を祈願して、手作りのぬいぐるみを雛壇の両脇につるしたのが始まり。

この日は琴の生演奏が行われていました。美しい音色がお祭り気分をさらに高めてくれます。

こちらは、今上天皇がご誕生の際につくられた内裏雛。昭和9年に作られたものだそうです。

東日本大震災で被災した方が復興の願いを込めて、甘草屋敷に寄贈したひな飾りです。

階段にも展示されています。和傘のつるし雛が可愛いですね。

味のあるお内裏様が微笑んでいました。後ろには甲州市特産の枯露柿も。

つるし雛の人形にはそれぞれに意味があり、このフクロウは「福」「不苦労」にかけられています。

赤ちゃんがハイハイする姿の、這い子人形。「這えば立て、立てば歩め」という親心を表しています。

(まり)は、角の取れた丸い素直な子に育つように。

おめでたい席には欠かせない、の姿も。赤色は魔除けの色だそうです。

ぬいぐるみのひとつひとつに、親から子への深い愛情がこめられているつるし雛。なんだかとても心が温まる、素敵な場所でした。

お土産につるし雛を買おう!

甘草屋敷の離れにあるお土産屋さんでは、手作りのつるし雛が購入できます。

ここでしか購入できない、つるし雛。観光の記念に買って帰るのもいいですね。

まとめ

甘草屋敷で行われている「ひな飾りと桃の花まつり」は、春の訪れと歴史・文化を肌で感じられるイベントでした。貴重なひな飾りの数々と、つるし雛が織りなす美しさをぜひお楽しみください。