妙泉寺(山梨県中央市)のしだれ桜にキュン!桜のシャワーを観に行こう!

山梨県中央市-妙泉寺のしだれ桜

こんにちは。山梨・甲府ブロガーのしゃけ(@xiake_tktk)です。

山梨県中央市にある「妙泉寺(みょうせんじ)」のしだれ桜を観に行ってきました。

妙泉寺のしだれ桜は、身延山久遠寺から移植した歴史ある桜です。地上6mから降り注ぐ、桜のシャワーに思わずうっとり。

車はもちろん、公共交通機関でも行きやすい貴重な桜スポットです。

この記事では、妙泉寺への行き方・駐車場としだれ桜の開花時期、2019年の現地の様子を写真つきで詳しくお伝えします。

山梨県中央市-妙泉寺のしだれ桜

妙泉寺の場所・行き方

施設名 妙泉寺(みょうせんじ)
所在地 〒409-3841 山梨県中央市布施2163
電話番号 055-273-2116
駐車場 あり(無料)

常時開放されているので、営業時間はありません。

妙泉寺の駐車場は境内の中です。

駐車スペースはたくさんあるので、ご安心ください。

山梨県中央市-妙泉寺

公共交通機関を利用する場合の最寄りは、以下の通りです。

  • 電車:JR身延線 小井川駅より徒歩11分
  • バス:妙泉寺バス停より徒歩3分、田富バス停より徒歩4分

妙泉寺のしだれ桜の見頃はいつ?

妙泉寺のしだれ桜の見頃は、毎年3月下旬から4月上旬と言われています。

2019年は最高気温が20度(3/22は25度の夏日に!)を超えた影響で、例年より早く開花が進みました。

暖かい日が続くと開花が早まるので、時期が近づいたら気温の変化をチェックしておくといいですね。

山梨県中央市-妙泉寺のソメイヨシノ

しだれ桜が終わると、ソメイヨシノが咲き始めます。

山梨県中央市-妙泉寺

4月下旬ごろまでは、妙泉寺で桜を楽しむことができそうですね。

2019年3月下旬、妙泉寺のしだれ桜の様子

2019年3月24日の夕方、妙泉寺のしだれ桜は満開です!

山梨県中央市-妙泉寺のしだれ桜

風になびく姿は、まるで桜のシャワーのよう。

山梨県中央市-妙泉寺のしだれ桜

しゃけ
サラサラと流れていくさまが美しい…

角度を変えて観ると、また違った雰囲気に。

山梨県中央市-妙泉寺のしだれ桜

入れかわり立ちかわり、お客さんが訪れていました。

自分も含め、夕方は逆光で撮影に苦戦している方が多かったです。綺麗な写真が撮りたい方は、ぜひ日が傾く前にお越しくださいね。

夜はライトアップしたしだれ桜を観よう!

「妙泉寺」は夜も開放されているので、夜桜を楽しめます。

山梨県中央市-妙泉寺のしだれ桜(夜)

2019年3月25日夜に撮影

下からライトアップしたしだれ桜は、昼とはまったく違う顔を見せてくれます。

漆黒に浮かぶ淡いピンクの世界は、夜だけのお楽しみ!

とってもロマンチックなので、山梨の春のデートスポットのひとつに、ぜひ加えてくださいね。

妙泉寺は桜のほかにも見どころがたくさん!

この時期の妙泉寺といえばやはり桜ですが、実はほかにも見どころがたくさん!

順番にご紹介していきますね。

山梨県中央市-妙泉寺

妙泉寺には、子宝・安産・子育ての子どもにまつわる神様「鬼子母神」が祀られています。

山梨県中央市-妙泉寺

こちらは「おたかの像」です。

山梨県中央市-妙泉寺

明治18年の台風による大水害で、釜無川の堤防が決壊。困難を極めた復旧作業において「粘土節」を唄い作業員を励ましたそうです。

その甲斐あって、工事は早く竣工。発展の礎となった功績を称して、像が建てられました。

山梨県中央市-妙泉寺

境内は綺麗に手入れがされており、鯉が気持ちよさそうに泳いでいます。

山梨県中央市-妙泉寺

しだれ桜のすぐそばにある松も、かなりの高さです。

ぜひこちらにも注目してみてくださいね。

山梨県中央市-妙泉寺

境内はコンパクトなので、桜を含めて15分くらいあれば充分観られます。

妙泉寺の近くにはイチゴ狩りスポットもあるので、合わせてお楽しみください。

まとめ:妙泉寺で迫力のしだれ桜を観よう!

山梨県中央市布施の「妙泉寺」は、迫力のしだれ桜が観られる貴重な桜スポットでした。

甲府からも近く、夜桜も楽しめるのでぜひ行ってみてくださいね。